出会い

結婚する前は私が浮気の相手だった

夫と私のなれそめ

私が夫と初めて出会ったのは、大学を卒業して新卒で入社した会社です。夫は私の会社の先輩でした。夫と同じ部署に配属されて、まだ会社に馴染めずに緊張していた私の心をほぐしてくれたのが夫でした。年齢は夫の方が3つ上で、初めから頼もしい好印象な先輩だったのをよく覚えています。そのため、私が夫に恋心を抱いたのもごく自然な流れでした。

夫と私が付き合うようになったきっかけは、ある飲み会の帰りの出来事でした。繁忙期がひと段落して、部署のみんなで飲み会を開き、私も夫もそれに参加したのです。この時すでに、私は夫のことをすごく好きになっていましたが、夫には当時付き合っている彼女がいたので、中々アプローチできずにいました。

その飲み会のお酒の席で、お互いにお酒も入っていたせいか、いつもよりも近い距離で話をしていたと思います。この時に、「可愛い」とか「タイプ」とか言われたので、「私にもチャンスがある」と思いました。でも、今考えれば若くて可愛い女の子がいれば、こうやって手を出す人だったんだなと思います。

その飲み会が終わった段階で、私と夫はすでにカップルのような雰囲気になっていたので、そのまま夫が一人暮らししている部屋へと行き、男女の関係になりました。この時点では、私の方が浮気の相手だったので、「浮気なんていけない」と思っていましたが、そのうち夫は彼女と別れてくれ私が本命になりました。本命になった途端、私の妊娠が発覚したので、私たちは付き合って5ヶ月でスピード結婚しました。今思えば、浮気の相手でしかなかった私が、結婚までこぎつけたのが間違いでした。

浮気疑惑

夫の浮気と浮気相手はすぐ分かる

気づかなければ良かった夫の浮気

私は夫と結婚してから、妊娠していたこともあって寿退社をしました。周りの人たちからは、祝福されたのを覚えています。私も「こんなに幸せなことがあっていいのか」と思えるほど幸せでしたし、夫も幸せそうな顔をしていました。子供が生まれてからも、私たちの仲は順調だったように思います。子供の世話だって、どちらかといえば積極的にしてくれていたので、「私って愛されてるんだな」と感じていました。

夫の行動に怪しい動きがみられるようになったのは、結婚してから5年目のことでした。私が2人目を妊娠している時です。1人目を産んでから少し時間が空いていたことや、1人目のお世話をしながらの妊娠だったこともあって、少しだけナーバスになっていました。ちょうど夫はその頃に会社で係長に昇進し、これまでより残業が増えていきました。

はじめは、「仕方のないこと」と思っていたのですが、繁忙期でもない時期に1週間も残業で遅かったことがきっかけで「係長の帰りってこんなに遅かったっけ?」と疑いを持ち始めました。夫の元同僚である私は、係長がいつもどれくらいの時間に帰っていたかを大体把握しています。私が勤めていた頃の係長よりも、随分と帰りが遅いし、残業が続きすぎであることに気が付きました。

私はこの頃から、夫が残業だと言って帰りが遅くなった日のチェックをし始めました。そして、給料日には毎月、給与明細を渡してくれるので、それを見て時間外手当と夫の残業が合っているのかを確認しました。すると、思った通りに時間外手当がついている分よりも、夫は多く私に残業を申告していたのです。

これが確定してから、私は夫のスマホを盗み見るようになりました。夫と浮気しているだろう浮気相手は、すぐに検討がつきました。夫と浮気している浮気相手は、どうやら同じ職場の新卒の新入社員の女の子のようでした。

自分で浮気調査

夫の浮気についてSNSを使って自分で浮気調査をして浮気相手との証拠をあげる

まずは自分で浮気調査をしてみた

夫の浮気相手らしき女性の身元は、すぐに割れました。夫とその子が浮気しているのが分かったのも、SNSのメッセージツールからでした。ポップアップに表示された浮気相手からのメッセージで、「明日の残業はどこにしましょうか」と来ていたので、これはもう私の中でクロと確定されました。このやりとり、実は私も夫と付き合い始めたばかりの頃にしていたからです。

夫の浮気を見つけたら、まずは自分で浮気調査するのがおすすめです。自分で浮気調査をあらかじめすることによって、夫への愛を断ち切ることができます。最初はショックでしたが、段々とこの人のクズ加減に嫌気がさし、別れを決意することができるのです。

自分で調査する方法は簡単です。浮気相手のSNSにたどり着けば良いのです。夫は、私よりも年上なこともあって、SNSには疎く、メッセージをやり取りするだけのツールしか使っていませんが、浮気相手の方は違います。動画や写真をアップするSNSや一言をつぶやくSNSを駆使して当たり前です。

さすがに、夫と浮気相手の恋愛は、公にできるようなものでもないので、夫の写真はアップされていないだろうとは思いながらも、浮気相手のSNSのすべてを探りました。ロックがかかっているものは無理でしたが、それ以外でも十分に証拠はつかめました。

なぜなら、彼女もやはり若い女の子なので、例え不倫であったとしても彼氏がいることを他人に自慢したいからです。夫の写真が堂々とアップされていることはないものの、少しだけ夫の腕が見切れていたり、夫の後姿が写っていたりしました。確かに赤の他人やただの職場の同僚であれば、これが夫だとはあまり分からないかもしれません。

でも、私は違います。その写真に写っている夫の腕は私を抱きしめたものだし、夫が着ている洋服は私がプレゼントしたものです。ホテルらしきところでの写真や、沖縄に旅行に行った写真などもありました。出張で沖縄に行くと言って出て行った日程と合致するので、この浮気相手と不倫旅行に行っていたことは明白です。

私はできちゃった婚だったことから、新婚旅行にも行けずに2人で旅行に行ったことすらないのに、「この人は自分の妻と子供を裏切ってこういうことができる人なんだ」と思ったら、一気に愛が冷めました。それに、相手は夫の同僚の女の子で、私と付き合い始めた時と状況が変わりません。この人はきっと、若くて可愛い女の子と出会うたびに、そちらを選ぶのだと思い、私は証拠を集めて別れを決心しました。